2014ふりかえり

年末になったので、WEBの記録のふりかえり。
今年も去年に続いて主にはgoogleカレンダーFacebookの記録でした。
2014の主な出来事や活動記録は下記のとおりです。


ゆうの結婚式余興DVD作成(1月)
セミナー&ハンズオントレ企画運営(1月-6月)
引っ越し場所決め(2月)
生命情報科学若手の会(2月)
築地に引っ越し(3月)
祖父母の一周忌(4月)
石垣島旅行(5月)
軽井沢お泊り結婚式(5月)
NGS現場の会血液核酸マーカー分科会(5月)
サッカーワールドカップ応援(6月)
京都大阪出張&飲み会(7月)
ニセコ&大阪出張からの浜松(8月)
オフサイトミーティング@那須高原(9月)
香川家族旅行(9月)
仙台&札幌&大阪出張(10月)
サンフランシスコ&サンディエゴ出張(10月)
iPhone6購入、iPad購入、Wifi設定(11月)
クリニカルシーケンスのしごと(11月)
IonUGM&GIW参加(12月)


特に、3月の引っ越しは、生活の基盤もだいぶ変わって、大きな変化はあった気はするかな。通勤時間の削減はだいぶラクになった気がする一方で、新橋銀座有楽町での飲み会もだいぶ増えた感じ(笑) 
2週間のアメリカ出張も、初体験のことも多くて、学びも反省もあり、今後の糧にしていければと思う経験でした。英語力、ビジネスレベルに達してないことを強く再認識したし、2015の優先順位高めな目標にするかな。。


全体的には、少し意図的に飲み会や旅行が多くなっていたけど、去年も反省してた、英語&資産管理&情報管理やそのほかのこと(読書、整理整頓、MBA)あたりとのバランスは、もう少し検討しなきゃとは思うかな。


以上、細かいことは置いといてざっとしたまとめです。
いろいろと関わってくれた方々どうもありがとうございました。みなさんよいお年を〜。

2013ふりかえり

年末になったので、WEBの記録のふりかえり。
今年も去年に続いて主にはgoogleカレンダーFacebookの記録でした。

2013の主な出来事や活動記録は下記のとおりです。


年始の10日くらい体調不良(1月)
沖縄出張 with たいらさん&うえはらゴルフ(1月)
新スノボブーツ購入&新潟苗場スノボ旅行(2月)
会社新人歓迎会ラッシュ(2−3月)
祖父祖母のお葬式&50日祭&お盆(5-7月)
初夏の結婚祝い(はっしー、たくろう、ゆうぞう、じゃま)(6−7月)
イオントレントUGM@大阪 with Mike-san(7月)
NGS現場の会@神戸(9月)
オフサイトミーティング@那須(9月)
大阪出張 with とみたさん(9月)
秋の結婚祝い(どうちん&えみちゃん、たけやま、せんがさん)(9−10月)
親戚ゆうくん結婚式&お台場観光(10月)
第5会NGS現場の会会場決定やりとり(10−11月)
ゆう結婚式余興準備(11月)
人類遺伝学会@仙台&飲み会いろいろ(11月)
広島出張 with コニシ(12月)



2013は祖父母が他界したことがダントツに印象的で自分への影響が大きかったかな。
東京にきてからは関わる機会が減ってしまってはいたけど、幼少期に関わった時間が相当に多いし、いままでの約30年をすごく考えさせられる出来事だった。祖父母に対してはほんとうに感謝の気持ちしかないし、お世話になった分しっかり生きていかなきゃと思います。


仕事では、2、3月に多くの新メンバー&後輩がはいって雰囲気や立場が大きく変わってきたかたち。あいかわらず、個として&チームとしての力を高めるような行動を心がけたつもりだけど、言葉遣いとか対応の仕方とか、もっと良い方法があったことも多かったと思うところあたりは来年修正したいところです。


結婚式の多さはここ数年のことだけど、今年31になったしまぁみんなそういう時期だよなという感じかな。あと、もう少し時間とりたかったのは、英語、資産管理、情報管理あたりなので、今年もあまり進めれていないこともちゃんと反省して、来年以降に少しずつ軌道修正していかなきゃな感じです。


以上、細かいことは置いといてざっとしたまとめです。
いろいろと関わってくれた方々どうもありがとうございました。みなさんよいお年を〜。

2013あけまして

かなり遅れて、あけましておめでとうございます。


年始、体調不良が10日ほども続いてしまってけっこう反省だ。。
体調管理は長らくの懸念点なので、運動とか食生活とか習慣的なことでもぼちぼちカイゼンしていければと思います。


以下、2013年の心がけ。


<日常>
1、体調管理をする
2、楽しむ
3、時間を大事にする
→これらはもう体にだいぶ染み付いてるので書くだけにしときます。
 1番は冒頭の記述の通りに、何か変えていければと。


<仕事>
1、真剣に
 その時々でのベストを尽くしつつ、常にカイゼンする。
2、より円滑なコミュニケーション
 相手を思いやり、互いにとってよりよく関わる。
3、リーダーシップの量と質を高める
 あらゆる点で主体的積極的に関わり、より高いバリューを出す。


<一般>
1、英語
 オンライン英会話年50回、TOEIC 900
2、お金の管理
 クレジットカード利用とか資産運用とか、定期的に確認する。
3、整理整頓
 身の回りとかデジタルデータとか、もう少しよい形で習慣を身につけたい。


とりあえず3×3くらいで整理してみました。
去年に書き出していた、仕事におけるツール活用&プレゼン&ディスカッション、一般的な、運動&読書&介護&旅行あたりももちろん引き続きそれなりには意識して生活していきたいと思います。


30代も、いつものようにいろいろあると思うけど、楽しく、無理せず、順番に、適度に、キラクにいくつもり。2013年もどうぞよろしくお願いします〜。

2012ふりかえり

年末になったので、WEBの記録のふりかえり。
今年も去年に続いて主にはgoogleカレンダーFacebookの記録でした。


2012の主な出来事や活動記録は下記のとおりです。


資産管理セミナー参加(1月)
姉の結婚式(2月)
Tさん退職(2月)
シンガポール旅行(3月)
ルスツスノボ旅行(3月)
ロサンゼルス旅行/サンフランシスコ出張(5月)
NGS現場の会@大阪(5月)
融合遺伝子検出ツールづくり(6月-)
なおと結婚式@サンフランシスコ(6月)
ゴルフ初ラウンド(7月)
ロンドンオリンピック観戦いろいろ(8月)
オフサイトチームミーティング@軽井沢(8月)
広島愛媛旅行(8月)
坂の上の雲ドラマ 90分×13(9月)
T大Proton立ち上げいろいろ(9月-)
社内セミナー運用(9-11月)
外部講演いろいろ(TD大授業,JSBi,BiWO2012)(10月)
分子生物学会参加@福岡(12月)


仕事としては、2月にTさんが退職されたのは自分にとっては大きな転機だった気はする。有能な先輩が抜けたことに多少の不安は持ちつつ、チームの人数が減って担当内容や責任が変わったことを、うまくプラスの力に変えれた気はしてるかな。
あと、仕事でもプライベートでも旅行•観光が充実できたことは特によかったこと。JALクリスタル会員にもなれたくらいに飛行機よくのったしなぁ。


一方で、もう少し時間とりたかったのは、英語、資産管理、情報管理あたりなので、来年以降に少しずつ軌道修正していかなきゃな感じです。


以上、細かいことは置いといてざっとしたまとめです。
いろいろと関わってくれた方々どうもありがとうございました。みなさんよいお年を〜。

2012あけまして

あけましておめでとございます。


2012の抱負、ここにも書き出しときます。


<日常>
1、楽しむ
2、体調管理をする
3、時間を大事にする
→これらはもう体にだいぶ染み付いてるので書くだけにしときます。


<仕事:専門>
去年に引き続き、DNAシーケンサーのSOLiD5500シリーズとIonPGMの技術浸透や活用促進が主な仕事になりそう。
特にIonPGMは性能向上と普及が進んで仕事内容も変わってくる予感だし、いろいろと楽しみが多いかな。


その時々でのベストを尽くしつつ、現状に満足せずに、より会社やチームに貢献することを常に考えたい。
 →その中で、自分にとっても良い形で経験やスキルを積んでいければと思う。
 ※仕事についての具体的な数値目標は会社で管理してるのでここでは省略。


<仕事:一般>
下記の4点、抱負というかTODOかなぁ。


1、英語
 →オンライン英会話年50回やる
 →文法書一冊読む
 →TOEIC 900とる


2、IT•ウェブツール
 →四半期に一度ウェブツールを見直す
 →月に一度はブックマーク見直す
 →情報収集を常に心がける


3、プレゼンテーション
 →大きなプレゼン前は関連書籍の読書やウェブ資料を見直す
 →積極的に機会をつくって場慣れするための回数を増やす


4、ディスカッション
 →打ち合せ時は議論を盛り上げたり本質をつく質問やコメントを常に考える
 →交渉ごとでは、誠実な対応と適切な発言を常に心がける


<個人のこと>
以下の6点、漠然としたこともあるけど、少しずつ生活の中に整えていきたい。


運動
 →ゴルフ、フットサルを合わせて月2くらいは体動かす。
お金活用の整理
 →クレジットカード利用とか資産運用とか、時間をとって整理したい。
読書
 →いろんなジャンルをバランスよく読みたいかなぁ。読書記録とかもやろうかな。
整理整頓
 →もう少しよい形で習慣を身につけたい。
介護の協力
 →父母定年で、祖父母は相当弱ってる感じ。なにかできること探さなきゃなぁ。
旅行
 →海外、いけるときにいっときたい。


20代最後の一年、いつものようにいろいろあると思うけど、
楽しく、無理せず、順番に、適度に、キラクにいくつもり。


2012年もどうぞよろしくお願いします〜。

2011ふりかえり

年末になったので、WEBの記録のふりかえり。
主にはgoogleカレンダーFacebookの記録で、
ログのつけかたもだいぶ変わってきてる感じかな。


2011の主な出来事や活動記録は下記のとおりです。


高校卒業10周年記念パーティ(1月)
Y大 SOLiDデモ解析実施&報告(2-4月)
東日本大震災(3月)
シリコンバレーバイオ合宿(3月)
サンフランシスコ出張(4月)
ゴルフクラブセット購入(5月)
英会話受講(6-10月)
プレゼントレーニング受講(7月)
お金&資産運用のこと整理(8-9月)
沖縄旅行(8月)
結婚式参加いろいろ(9-11月)
台風&生化学会参加(9月)
生命情報科学若手の会ランチョンセミナー(10月)
TOEIC受験(10月)
IonPGMデモ解析実施&報告3件(11月)
分子生物学会ポスター準備(12月)


3、4月のサンフランシスコ訪問×2はかなり多くの経験や関わりができて、
自分にとって見識を広げるすごくよい機会だったと思う。
あと、9-11月に毎週のように結婚式に参加して、近しい友達も多かっただけに、
いろいろ考えさせらたこともあるかな。みんな、そういう時期にいるんだと。


上記では、イベントごとをとりあえず書き出してみたけど、
日常業務でいろいろあること、普段のプライベートな付き合いのこと、読書のこと、
などなど、2011は特にいろいろとあった印象があるかなぁ。
細かいことがちょっと整理しきれてない部分がある気はするけど、
その時々でそれなりに楽しめたとは思ってます。


いろいろと関わってくれた方々ありがとうございました。
みなさんよいお年を〜。

シリコンバレーバイオ合宿に参加して感じたことのまとめ

3月17-20日JBC主催のシリコンバレーバイオ合宿 2011に参加してきました。
http://www.j-bio.org/2010/11/jbc-2011.html


滞在スケジュールの詳細はここでは公開できないのが残念だけど、サンフランシスコベイエリアにいっていろいろな企業をみたりしつつ、大学にもいって、お話を聞いて、お話をして、毎晩飲んだくれてました。


以下、JBCのWEBページ掲載用のフィードバックで内容ちょい固いけど、まぁそのままこっちにもコピペした感じです。
長いので興味ある方で時間ある方どうぞ。

    _____________________________



まず、3日間を通して本当に充実した時間を過ごすことができ、今後の自分のキャリアを決めていくうえで大きな糧を得ることができたかと思います。この合宿に参加ができて本当によかったと心からそう思うと共に、この合宿の主催者や関係者の方々にとても感謝をしています。

今回の滞在では数えきれないくらいに多くのことを学んだり経験したりすることができましたが、それらを整理してみて、自分なりに強く感じたことを次の5個にまとめてみました。


(1)シリコンバレーの魅力
シリコンバレーについては2年前のシリコンバレーカンファレンス2009に参加したときに十分に理解したつもりでしたが、今回の滞在で改めてその魅力を再認識することができました。
シリコンバレーの風土、環境、考え方、集まる人たちは、相変わらず、自分にとっては非常に魅力的なところが多くありました。その一番の魅力は 「ヒト、カネ、モノ」がそろっていて、情報や知識、経験が流動していることであり、このような場所から創造的なイノベーションやビジネスが生まれるのは必然なんだろうと思います。


(2)バイオインフォマティクスとの関わり
自分の専門であるITとバイオテクノロジーの分野で存在感が大きいことは、以前からシリコンバレーに魅きつけらる大きな理由の一つです。情報科学の歴史の中心地であることは周知のとおりであり、また、バイオテックの発祥の地でもあり、世界でも最大のバイオテッククラスターになっている地域であることを今回の滞在を通してより強く認識しました。
シリコンバレーの風土や考え方の魅力に加えて、既にこのような歴史があって関連企業が多く存在することは、この場所でバイオインフォマティクス分野が発展して産業化するのは必然だということを再度感じました。
おそらくこれから先もバイオインフォマティクス分野でキャリアを積んでいく自分にとっては、常に関わり続けることになりますし、シリコンバレーとより関わりを深く持つことが自分の仕事をより楽しく充実させてくれる気がしています。


(3)バイオテックで働くこと
バイオベンチャーのインキュベーション施設や、その発展型であるバイオテック企業を見学しつつ、そこで実際に働いている方々とお話ができたことは非常に貴重な経験でしたし、バイオ産業のビジネスやイノベーションがどういう形で創られていくのかをより具体的に理解ができました。
合宿中のセッションの一つである「バイオテックで働く」のパネルディスカッションは特に印象に残ったセッションであり、シリコンバレーにおけるアカデミアとインダストリの違いやスタートアップ企業と大企業の違いなどについて、現場で働く方々の意見を聞くことができたことは今後のキャリア選択に参考にできることが非常に多かったと感じています。


(4)バイオテクノロジー産業の今後の進展
製薬産業が今後の発展が難しいといったコメントをいくつか聞いたことは少し意外ではありましたが今後の選択に参考なる貴重なご意見でした。将来的には製薬企業をキャリアプランの一つとして考えていた自分としては特に気になったのだと思います。一方で、ヘルスケアを中心として診断薬や消費者向けサービスへの期待についての話は自分の専門とも関わり非常に興味深く、今後もいろいろと調べてみたいと思いました。
まだまだやることが多く流動的な分野ではあり、どう変わっていくか現時点では判断できないことも多い状況なのだと思います。その中において個人としては、これからも自分の興味をより理解し、適切に知識や経験や情報を得ることで、市場価値を高めて、自分にとって適した場所で働いていければと思います。


(5)新しいつながり
今回の合宿を通して、主催者の方々、講演者や協力者の方々、加えて参加者の方々とかなり多くの方々といろいろお話ができたことはとても貴重な財産になりました。知識や経験を得たというだけでなく、本当に多くの刺激を受けることができ、今までの自分にはない新しい視点や考え方も得ることができたと思っています。また、みなさんとFacebooktwitterで今後もいつでもやりとりができるのはほんとありがたいことだと思います。
いま仕事で主に関わる次世代シーケンサーに関して、シリコンバレーの日本人で既に関わっている方々や、あるいはかなり興味を持ってくれる方々に今回の滞在で出会えたことは、非常にうれしかったことであり今後も良い形で関わっていければと思います。同時に、自分の今やっている仕事に対しての自信にもなりました。


まとめ
2年前に「シリコンバレーで働きたい」と思った気持ちは今も変わらずありますが、いまの自分としては、「状況に応じて、適当なタイミングがあれば、シリコンバレーで働きたい」と考えています。上記したようなプラスの面に加えて、ここにはかかない細かい事柄やネガティブな側面ももちろんいくつかは感じており、今後またいろいろな仕事をしたり、考えたり、出会いがあったりする中で総合的な判断として決めていくことになると思います。
現状はいまの仕事内容、メンバー、環境にはとても満足しており、次世代シーケンサー関連の研究やビジネスの流れが落ち着く頃までは今の境遇で最善を尽くしたいと思っています。ただ、流れがとても早いこの分野のことを考えれば、今後、バイオテクノロジー業界や自分の会社がどう変化するかわかりませんし、急にその環境の居心地が悪くなったり必要とされなくなる状況も十分にあり得ることだと思っています。しかし、そういう中でもしたたかに生きることができるように、自分の考えることや周りの状況は定期的にしっかりと確認したいと思いますし、これからいろいろ考える上でも今回の滞在で得たことはしっかり活かしていければと思います。
最後に、改めてこの合宿に参加ができて本当によかったと心からそう思っており、この合宿の主催者や関係者の方々にとても感謝をしています。